技術紹介

より安心で信頼できるドキュメントの追求

國立印刷局は、創設以來、偽造防止技術の研究を通じ、公的印刷物のセキュリティ確保のための技術を開発し、社會に貢獻してきました。ここでは、國立印刷局が保有している様々な技術の中から、一般的に有益と考えられる技術をご紹介します。

偽造防止技術の認証方法について

偽造防止技術とは、文字通り偽造されないための技術ですが、國立印刷局では、國民の皆様がどなたでも簡単に真偽判別できる偽造防止技術を開発しています。真偽判別するには、いくつかの認証方法があります。

●見て
印刷物を見るだけで真偽判別できる技術です。例えば、光に透かす、傾けて見ることによって、何も道具を使わずにそれが本物であるか偽物であるかを判斷することができます。

●道具で
何らかの道具を使うことによってのみ、印刷物を真偽判別できる技術です。例えば、ルーペで模様を拡大して見る。また、特殊なシートを重ねて見る。さらには、特殊なカメラで撮影するなど様々な方法があります。

特殊形狀スクリーン

コピー機で再現することが困難な、特殊な形狀の網點により、模様を表現します。

関連コンテンツ